バイナリーオプションでレンジ相場手法を使った鉄板攻略のやり方

renji
バイナリーオプションもFXも株も、全て投資の部類に入ります。

投資である以上、ある程度のリスクについては、腹を決めて覚悟して
おかなければいけません。

しかし、同じ投資という部類なのに、バイナリーオプションだけは、株やFXなど
とは性格を異にするのです。株やFXは、完全に値動きが
利益や損失のカギを握っています。

株やFXの場合は、値動きが大きいことを上手に利用して大きく儲けるものですが、
バイナリーオプションの場合は、値動きが大きいからと言って儲けにつながる
わけではないのです。

特にHIGHLOW型であれば、値動きはあくまでも途中経過でしかなく
全く考慮されません。

また、レンジ型やワンタッチ型では、値動きの幅そのものよりも、予め定められた
地点を越えるか越えないかでの判定となるため、値動きが大きいことで
バイナリーオプションのユーザーが喜ぶわけではないのです。

そこで、バイナリーオプションでは、レンジ相場を活用する方法があるのです。
相場というと難しいイメージを持つ方がいますが、全く逆です。

一度グラフの見方さえ覚えれば、こんなに強い味方になってくれるものは
ありません。

早速見てみましょう。
renji3

まず、レンジ相場というのは、バイナリーオプション独特の相場で、
予め定められた一定の範囲内で値動きを繰り返す傾向の強い相場のことを言います。

この際は、レンジ型やワンタッチ型を活用して、「ある一定の金額の幅を超えない」
もしくは「ある一定の金額に到達しない」に賭ければ的中する可能性は高いと言えます。

もちろん、投資なので、100パーセントそうなるとは言えませんが、
このレンジ相場という傾向について知っておけば、
それだけ戦略を立てやすくなるのです。