バイナリーオプションの最大のメリットは、
最大損失額を限定した上で、大きな値動きがなくても、

予想を当てることができればFXと違い、
とても短い時間で大きなリターンを得ることができる
「資金効率の高さ」と言えます。

 

箇条書きでみますと

 

・わかり易さ(値動きを上下2通りから選ぶだけ)
・いつでも取引可能(朝8時から翌日4時の間に、数百回)
・少額投資から開始できる(最小50円から)
・リスクが限定されている(損失は購入金額まで)
・値動きが小幅でも可能(アイアンドロー、ラダー)
・短期決戦で、すぐに結果が出る(10分後)
・高い資金効率(高倍率ゾーン使用)
・自由な取引条件(途中購入や決済、権利放棄)
・複数タイプあり(ハイ・ロー、ラダー等)
・相場に振り回される事が少ない(メンタル面で楽)
・FXでのリスクヘッジとしての利用に最適な商品

 

このように多くのメリットがバイナリーオプションには
存在します。

 

一方、デメリットを挙げるとすれば予想が外れれば購入金額の
全てが損失となってしまう覚悟が必要な事です。

 

他にも

 

・ペイアウト倍率(払い戻し時)の妥当性が見えにくい
・スワップポイントなどの副次収入は無し
・当たり外れの視点(投資家保護への備え)

 

があります。

 

ですので小額で始められ、かつ損失に上限があるとは言え、
他の数ある金融商品のなかでも、商品性や仕組みをしっかりと把握した上で、
その運用方法によっては注意が必要な商品であるという事は認識しておいた方が良いでしょう。

 

あなたはバイナリーオプション向きな人?FX向きな人?

 

近年、バイナリーの提供に加え、
FXの自動売買サービスを提供するFX企業が増えています。

 

その背景には、自らの判断で売買する「裁量取引」では
なかなか上手く成果を出せず、相場の動きに翻弄され、
含み損失を抱えたまま、ポジションを持ち続ける
心理的なストレスを抱えている現投資家が存在しているからです。

 

特に、自分なりのスタイルや判断基準、利権と損切りの
目安をもたないまま、気づいたら投資余力を超える
予期せぬ大きな損失が発生して、
退場を余儀なくされてしまうケースも多いようです。

 

そういう点から、あらためてバイナリーオプションを見ると、
裁量の余地が制限されたシンプルな設計となっています。

 

バイナリーオプションのメリットでも説明したように、
バイナリーという商品は、一定時間後の損益結果を把握した
運用ができて、ロスカットによる退場や損失含みのポジションを
抱える心配がなく、成果を確かめながら、
資金管理ができる初心者向けの投資法と言えます。