カカクコムフィナンシャルのバイナリータッチ

こちらのバイナリー商品は本格的なオプション取引に近い形の商品です。なので初心者の方には難しいかもしれませんが、ワンタッチ形式としてはかなり完成度の高い商品です。

 

一番の特徴は、選択肢がとても広い所です。判定価格はもとより、満期も最短1日から6ヶ月のなかから選べるというのは、他の業者では見かけたことがありません。

 

それだけ選択する難しさもありますが、投資のチャンスは広がりますし、ノーターッチも選べるので、投資自体の選択肢も広がります。

 

この特徴を活かす為には、単品で売買するよりも、FXと連動させて、リスクヘッジとして扱ったほうがメリットは多いと思います。

 

先程も申し上げたように、選択の幅が広いゆえに、目標値と期間を同時に確認しなければなりませんが、この範囲の広さを活用する方法というものもあります。

 

満期を自由に選べるということは、発送を変えると、勝率を向上させる可能性があるのです。
例えば、上昇相場がトレンドラインに忠実に動いていると仮定して、この時上値のトレンドラインが1週間に0.5円ずつ伸びているとします。現在が80円なら、計算上のトレンドラインは来週が80.5円その次の週が81円となります。

 

ですが、上昇相場だからといって、必ず陽線になるもでもありません。1~2回はもみあいを挟んで上昇トレンドに到達することもあります。

 

このような場合、満期までの期間が短いと時間切れとなってしまいますが。この商品は最長6ヶ月で26週の中から選べます。

 

つまり、1週間後ではなく、2週間あるいは3週間の満期を選ぶことで、もみ合いのリスクをカバーし、勝率を引き上げる事が出来るのです。

 

その分、払い戻し金の率は下がるかもしれませんが、勝つことを
意識すれば、多少のマイナスは仕方ないと割り切った方が利口です。

 

カカクコムフィナンシャルのバイナリータッチは判断価格と満期が長い。このことをフルに活用し、多少の低い払い戻しを我慢すれば高い勝率が期待できます。

 

単純に、判断価格を低め、満期を長めにとれば予想の当たる確率が上がるからです。

 

ちなみに、この方法はバイナリータッチ単独で運用するときのコツで、FXとからめる時は、通常取引で考えているロスカットの水準にターゲットを置いてこのオプションを購入しておけば、相場のブレにも慌てることが少なくなります。

 

この商品の選択枠の広さを充分に活かせる手法はこの方法がベストではないかと考えます。