バイナリーオプションで得た利益にももちろん税金がかかります。
規制の変更とともに申告方法も変わっています。
ここで正しい税金申告のやり方を載せておきますので
チェックしておいてください。

 

バイナリーオプションを取引していて、
トレードが成功して、利益が出たとします。
もちろん、喜ばしいことではありますね?

 

しかしこの利益、あなたにとっては一種の所得になります。
所得が出れば、所得税を支払わないといけません。

 

そこでもしもバイナリーオプションで利益をあげた場合の時のために、
ここでは税金のお話をしておきますね。

 

バイナリーオプションでえた税金は、
「申告分離課税」と言う形をとることになります。
こう言われても何のこっちゃかわからないと
言う人もいるでしょう。

 

申告分離課税とは、あなたの本業でサラリーマンを
しているのであれば会社から出た給料、
店を経営している場合には売上、
と合わせて申告をする必要はありません。

 

これら本業の収入とは切り離して、
別枠で申告をして税金を確定します。

 

バイナリーオプションとは、税務上は「雑所得」
と言うことになります。

 

雑所得は、年間で20万円を超える取得が出た場合に申告をして、
税金を納めないといけません。

 

逆に言えばバイナリーオプションで利益をあげた人は
誰でも彼でも税金を支払わないといけないというわけではありません。
年間で20万円を超えるような所得があった人が
申告をしなくてはいけないのです。

 

もし20万円を超える儲けが出た場合には、
確定申告をしないといけません。

 

サラリーマンの人は、税務処理は会社でやってもらっているので、
分からない人もいるでしょう。

 

2月の中旬から3月中住までに税務署に行って、
手続きをすることを確定申告と言います。

 

ここで申告をせずに、あとでばれてしまった場合、
追徴課税と言って、よけいに税金を払う羽目になってしまうので、
申告はしっかりとしておきましょう。

 

ここでFX投資の世界では有名な方の話をしておきます。
(実話です、新聞にも掲載されました)

 

彼は、FXが流行りだしてまもなく、偶然にも投資を
始めることとなり、読みが続々と的中!

 

その資産はあっという間に10億円を超えました。
父親の営む町工場で働いていた彼は、そこを辞め、
自宅も六本木ヒルズに引越し、毎日豪遊していたそうです。

 

しかし、1年もしないうちに…
大勢の税務署の人たちが押しかけてきて、
追徴課税を受けるハメになりました。

 

実は彼は、FXの知識はあれど、税金の事を知らず
ほとんどの資産を使い果たしてしまっていたのです。

 

現在彼に残されたのは、2億円の借金だけとなり
また実家の工場を今は一人でやりきりしているということです。

 

この話を読んで、まさか自分が…と思う方もいるかもしれません。
ですが、しっかり税金のことも考えて投資できる人こそ
わたしはバイナリーで長く稼いでいける人だと思います。